CakePHPとは? - PHPプロ!

PHPフレームワークとは?

What is the PHP Framework?

CakePHPとは?

cakephp

CakePHPは「あらゆるレベルのPHPユーザが、素早く快適に開発を行える事」を目標として産み出されたRAD型のフレームワークで、Ruby on Railsの影響を強く受けています。シンプルでフレームワークとしての規模は比較的小さめ、小・中規模開発に適正がある点で人気となっています。

現在のところ、世界規模で最も多くのWebアプリケーションに導入されているPHPフレームワークで、高いレベルでユーザの要求に応える事ができる機能を備えています。またそれだけでなく、初心者が導入しやすいようにサーバーの設定変更や動作環境の整備がほとんど必要ないように作られています。

豊富な実績 - CakePHP

cakephp導入実績

日本でも大手のWebサービス@niftyの「みんなで作る話題発見サイト トピックイット:@nifty」で利用されています。

CakePHPの特徴

CakePHPの特徴・メリットを下記に記述します。

Ruby on Railsに影響を受けたフレームワーク

CakePHP

CakePHPはRuby on Railsの思想に強いインスピレーションを受けて開発されています。データベースへアクセスするコードを書かずにデータベースを扱うActiveRecordや、基本的な登録、表示、編集、削除(Create,Read,Update,Delete) などの動作を自動的に提供するscaffolding機能を提供しています。これによりわずか数分間程度の作業で、データベース内のデータを更新するようなアプリケーションを作成する事も可能です。

PHP4、PHP5両方で動作

CakePHPはPHP5だけではなく利用の多いPHP4でも動作させることができ、設置環境を問いません。また、動作中のPHPのバージョンにより使用するクラスを切り替えて動作する仕組みを持っているため、双方のバージョンでスムーズに動作します。

Webサーバーの設定変更なしでも動作

多くのフレームワークは動作させる為に.htaccessやmod_rewrite を使った設定変更を行いますが、CakePHP はこの設定変更ができない場合でも代替する手段があります。これはレンタルサーバーなどを利用していて、これらの設定が変更できない場合などに有効となるでしょう。

MVCモデルを採用

MVCモデルとは、アプリケーションのプログラムを3層に分けて作成する手法で、プログラムコードのメンテナンスが簡単に行えます。

PEARなどの外部ライブラリを一切必要としない

CakePHPはPHPの標準ライブラリであるPEARやその他のライブラリの機能を必要としていません。Webサイトのサブディレクトリにでも構築できます。よってライブラリを利用、または導入できないケースでも問題なく動作させる事ができます。またこれらのライブラリの機能が必要であれば別途組み込むことも可能です。またセットアップ時にコマンドラインからの作業を行う必要もなく、コンソールが利用できない状況でも問題なく利用する事ができます。

豊富な標準ライブラリ

CakePHPは、再利用可能なロジックをライブラリとして提供します。これをうまく活用することで、たとえば、ブラウザで動作していたリクエストをAjaxで記述し直す手間を省くことができます。

PHPプロ!では、今回紹介した3つのフレームワーク(CakePHP, symfony, Zend Framework)に関する読者の皆様からの情報を募集しております。それぞれのフレームワークに対して実際に使用してみた感想、アピールポイント、デメリットなどありましたらお気軽にご投稿ください。

対象フレームワーク
意見・情報



Pick Up Q&A

Q
ログファイルの中の空のデータ行を削除したい
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
A
ログのデータ個数(列数)が固定で、空のログが"<><><>"だと既知であれば if ($line === "<><><>") { continue; } で読み飛ばしてもいいのでは? ...

>>続きを読む

まずは配列や文字列の扱いから、じっくり勉強して行きましょう。

▲解説者:岡本(アシアル株式会社 教育コーディネーター兼 システムエンジニア)