htmlentities: 適用可能な文字を全て HTML エンティティに変換する (String 関数) - PHPプロ!マニュアル

PHPマニュアル

htmlentities: 適用可能な文字を全て HTML エンティティに変換する

htmlentities

(PHP 4, PHP 5)

htmlentities適用可能な文字を全て HTML エンティティに変換する

説明

string htmlentities ( string $string [, int $flags = ENT_COMPAT [, string $charset [, bool $double_encode = true ]]] )

この関数はhtmlspecialchars()と同じですが、 HTML エンティティと等価な意味を有する文字をHTMLエンティティに変換します。

もしデコード (逆の処理) をしたい場合、 html_entity_decode() を使用することができます。

パラメータ

string

入力文字列。

flags

htmlspecialchars() と同様に、シングルまたは ダブルクオートに関する動作を示すオプションの第2の引数をとります。 これは 3 つの定数のうちの一つとなり、 デフォルトは ENT_COMPAT です。 また、PHP 5.3.0 以降では、これらを第 4 の定数 ENT_IGNORE と組み合わせることもできます。

利用可能な flags 定数
定数名 説明
ENT_COMPAT ダブルクオートのみを変換し、 シングルクオートをそのままにします
ENT_QUOTES ダブルおよびシングルクオートを共に変換します
ENT_NOQUOTES ダブルクオートおよびシングルクオートを共に変換しません
ENT_IGNORE 無効なコードシーケンスが含まれる文字列を渡した場合に、 空の文字列を返すのではなく無効な部分を切り捨てます。 PHP 5.3.0 で追加されました。 これは、過去との互換性を確保するために用意されているものです。 セキュリティの問題があるので、使わないようにしましょう。
charset

htmlspecialchars()と同様に、この関数はオプションの3番目の引数 charset をとり、変換に使用される文字セットを指定可能です。 現在のところ、ISO-8859-1 文字セットがデフォルトの文字エンコーディングとして使用されます。

PHP 4.3.0 以降では、以下の文字セットをサポートします。

サポートする文字セット
文字セット エイリアス 説明
ISO-8859-1 ISO8859-1 西欧、Latin-1
ISO-8859-15 ISO8859-15 西欧、Latin-9 。Latin-1(ISO-8859-1) に欠けている ユーロ記号やフランス・フィンランドの文字を追加したもの。
UTF-8   ASCII 互換のマルチバイト 8 ビット Unicode 。
cp866 ibm866, 866 DOS 固有のキリル文字セット。 4.3.2 以降でサポートされます。
cp1251 Windows-1251, win-1251, 1251 Windows 固有のキリル文字セット。 4.3.2 以降でサポートされます。
cp1252 Windows-1252, 1252 西欧のための Windows 固有の文字セット。
KOI8-R koi8-ru, koi8r ロシア語。4.3.2 以降でサポートされます。
BIG5 950 繁体字中国語。主に台湾で使用されます。
GB2312 936 簡体字中国語。国の標準文字セットです。
BIG5-HKSCS   Big5 に香港の拡張を含めたもの。繁体字中国語。
Shift_JIS SJIS, 932 日本語。
EUC-JP EUCJP 日本語。

注意: これら以外の文字セットは理解できず、かわりに ISO-8859-1 を使用します。

double_encode

double_encode をオフにすると、PHP は既存の html エンティティをエンコードしません。 デフォルトでは、既存のエンティティも含めてすべてを変換します。

返り値

エンコードした文字列を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.3.0 定数 ENT_IGNORE が追加されました。
5.2.3 double_encode パラメータが追加されました。
4.1.0 charset パラメータが追加されました。
4.0.3 flags パラメータが追加されました。

例1 htmlentities() の例

<?php
$str 
"A 'quote' is <b>bold</b>";

// 出力: A 'quote' is &lt;b&gt;bold&lt;/b&gt;
echo htmlentities($str);

// 出力: A &#039;quote&#039; is &lt;b&gt;bold&lt;/b&gt;
echo htmlentities($strENT_QUOTES);
?>

例2 ENT_IGNORE の使用例

<?php
$str 
"\x8F!!!";

// 出力: 空の文字列
echo htmlspecialchars("\x8F!!!"ENT_QUOTES"UTF-8");

// 出力: "!!!"
echo htmlspecialchars("\x8F!!!"ENT_QUOTES ENT_IGNORE"UTF-8");
?>

参考


PHPマニュアル



Pick Up Q&A

Q
ログファイルの中の空のデータ行を削除したい
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
A
ログのデータ個数(列数)が固定で、空のログが"<><><>"だと既知であれば if ($line === "<><><>") { continue; } で読み飛ばしてもいいのでは? ...

>>続きを読む

まずは配列や文字列の扱いから、じっくり勉強して行きましょう。

▲解説者:岡本(アシアル株式会社 教育コーディネーター兼 システムエンジニア)