mail: メールを送信する (メール 関数) - PHPプロ!マニュアル

PHPマニュアル

mail: メールを送信する

mail

(PHP 4, PHP 5)

mailメールを送信する

説明

bool mail ( string $to , string $subject , string $message [, string $additional_headers [, string $additional_parameters ]] )

メールを送信します。

パラメータ

to

メールの受信者。

» RFC 2822 を満たす書式でなければ なりません。例えば以下のようなものです。

  • user@example.com
  • user@example.com, anotheruser@example.com
  • User <user@example.com>
  • User <user@example.com>, Another User <anotheruser@example.com>
subject

送信するメールの表題。

警告

表題は » RFC 2047 を満たすものでなければなりません。

message

送信するメッセージ。

改行コードは LF (\n) となります。各行の長さは 70 文字を超えては いけません。

警告

(Windows のみ)PHP が SMTP サーバと直接通信をする際、ピリオドから 始まる行は無視されます。これを防ぐには、行頭のピリオドを ピリオド 2 つに置き換えてください。

<?php
$text 
str_replace("\n.""\n.."$text);
?>
additional_headers(オプション)

メールヘッダの最後に挿入される文字列。

通常、これは追加のヘッダ(From、Cc、Bcc)のために用いられます。 複数のヘッダを追加する場合は CRLF(\r\n)で区切ります。

注意:

メールを送信する際には、必ず From ヘッダが含まれていなければなりません。 additional_headers パラメータで指定するか、 あるいは php.ini にデフォルト値を指定します。

指定しなかった場合は、以下のようなエラーメッセージが返ります Warning: mail(): "sendmail_from" not set in php.ini or custom "From:" header missing 。 Windows では、From ヘッダを設定すると Return-Path も設定されます。

注意:

メッセージが受信されなかった場合には、LF(\n)のみを使ってみてください。 Unix の MTA の中には、自動的に LF を CRLF に変換してしまう ものがあります(もし CRLF を利用していた場合、CR が重複してしまいます)。 ただし、これは最後の手段です。というのも、これは » RFC 2822 に違反しているからです。

additional_parameters(オプション)

パラメータ additional_parameters は、 追加のフラグをコマンドラインオプションとしてメール送信プログラムに渡す際に使用可能です。 メール送信プログラムは、設定オプション sendmail_path により設定されます。例えば、 sendmail を使用する際に -f オプションを使って エンベロープの sender アドレスを設定する際に使用できます。

この方法でエンベロープの sender ヘッダ(-f)を設定する際は、 'X-Warning' ヘッダが付加されないように Web サーバの実行ユーザを sendmail 設定に追加しておく必要があるかもしれません。 sendmail を利用している場合、これは /etc/mail/trusted-users で設定します。

返り値

メール送信が受け入れられた場合に TRUE 、それ以外の場合に FALSE を返します。

メールの配送が受け入れられたかどうかが基準であることに注意しましょう。 メールが実際にあて先に届いたかどうかでは「ありません」。

変更履歴

バージョン 説明
4.3.0(Windows のみ) すべてのカスタムヘッダ(From、Cc、Bcc や Date など)がサポート されるようになり、大文字・小文字を区別しないようになりました (カスタムヘッダは MTA でパースされるのではなく PHP でパースされます。 PHP < 4.3 では Cc ヘッダのみがサポートされており、大文字・小文字が 区別されていました)。
4.2.3 safe_mode 時には additional_parameters パラメータを無効に しました。もし用いられた場合には mail() 関数は 警告メッセージを出して FALSE を返します。
4.0.5 additional_parameters パラメータが追加されました。

例1 メールを送信する

mail() を用いて単純なメールを送信する。

<?php
// 本文
$message "Line 1\nLine 2\nLine 3";

// 1 行が 70 文字を超える場合のため、wordwrap() を用いる
$message wordwrap($message70);

// 送信する
mail('caffeinated@example.com''My Subject'$message);
?>

例2 追加ヘッダを付加してメールを送信する

基本ヘッダに加え、MUA に From および Reply-To アドレスを通知する。

<?php
$to      
'nobody@example.com';
$subject 'the subject';
$message 'hello';
$headers 'From: webmaster@example.com' "\r\n" .
    
'Reply-To: webmaster@example.com' "\r\n" .
    
'X-Mailer: PHP/' phpversion();

mail($to$subject$message$headers);
?>

例3 追加ヘッダ及び追加コマンドラインパラメータを指定してメールを送信する

sendmail_path を用いてメールを送信する際に利用する 追加パラメータとして、additional_parameters が用いられます。

<?php
mail
('nobody@example.com''the subject''the message'null,
   
'-fwebmaster@example.com');
?>

例4 HTML メールを送信する

mail() を用いて HTML メールを送信することも可能です。

<?php
// 複数の受信者を指定
$to  'aidan@example.com' ', '// カンマに注意
$to .= 'wez@example.com';

// 表題
$subject 'Birthday Reminders for August';

// 本文
$message '
<html>
<head>
  <title>Birthday Reminders for August</title>
</head>
<body>
  <p>Here are the birthdays upcoming in August!</p>
  <table>
    <tr>
      <th>Person</th><th>Day</th><th>Month</th><th>Year</th>
    </tr>
    <tr>
      <td>Joe</td><td>3rd</td><td>August</td><td>1970</td>
    </tr>
    <tr>
      <td>Sally</td><td>17th</td><td>August</td><td>1973</td>
    </tr>
  </table>
</body>
</html>
'
;

// HTML メールを送信するには Content-type ヘッダが必須
$headers  'MIME-Version: 1.0' "\r\n";
$headers .= 'Content-type: text/html; charset=iso-8859-1' "\r\n";

// 追加のヘッダ
$headers .= 'To: Mary <mary@example.com>, Kelly <kelly@example.com>' "\r\n";
$headers .= 'From: Birthday Reminder <birthday@example.com>' "\r\n";
$headers .= 'Cc: birthdayarchive@example.com' "\r\n";
$headers .= 'Bcc: birthdaycheck@example.com' "\r\n";

// 送信する
mail($to$subject$message$headers);
?>

注意:

HTML などの複雑な形式のメールを送信する場合は、PEAR パッケージ » PEAR::Mail_Mime を利用することを推奨します。

注意

注意:

mail() の Windows 版実装は、Unix 版実装とは 多くの点で違います。 第一に、メッセージの生成にローカルのバイナリは使用せず、 ソケットを通じて直接操作するだけです。 これは MTA がネットワークソケットを listen している 必要があるということを意味します(ローカルホスト、リモートマシン どちらでもかまいません)。

第二に、 From:Cc:Bcc:Date: のようなカスタムヘッダは MTA ではなく PHP によってパースされます。

そのため、to 引数には "Something <someone@example.com>" 形式の メールアドレスを与えることはできません。 MTA と通信する際に mail コマンドはこれを適切にパースできません。

注意:

mail() 関数は、大量のメールをループ内で送信するには 向いていないことに注意しましょう。この関数は 1 通のメールを送信するたびに SMTP ソケットをいったん閉じて開きなおします。これは非効率的です。

大量のメールを送信する場合は、 » PEAR::Mail および » PEAR::Mail_Queue パッケージを参照ください。

注意:

以下の RFC も有用です。 » RFC 1896» RFC 2045» RFC 2046» RFC 2047» RFC 2048» RFC 2049 および » RFC 2822

参考


PHPマニュアル



Pick Up Q&A

Q
ログファイルの中の空のデータ行を削除したい
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
A
ログのデータ個数(列数)が固定で、空のログが"<><><>"だと既知であれば if ($line === "<><><>") { continue; } で読み飛ばしてもいいのでは? ...

>>続きを読む

まずは配列や文字列の扱いから、じっくり勉強して行きましょう。

▲解説者:岡本(アシアル株式会社 教育コーディネーター兼 システムエンジニア)