Smarty の構文解析を回避する (基本構文) - PHPプロ!マニュアル

Smartyマニュアル

基本構文 - Smarty の構文解析を回避する

Smarty の構文解析を回避する

時々、Smarty の構文解析の対象にしたくないと望む、 もしくはそうする必要がある部分があります。 典型的な例としては、 テンプレートに Javascript や CSS コードが含まれるときです。 それらの言語が Smarty のデフォルトの デリミタ である { と } を使用するときに問題が発生します。

もっとも単純な解決方法は、Javascript と CSS コードをそれぞれファイルに切り分け、 それらにアクセスするために標準的な HTML の機能を使用する事で状況を回避する事です。

リテラルコンテンツを含めるには {literal}..{/literal} ブロックを使用します。 HTML エンティティの使用法と同様に、 {ldelim}{rdelim} あるいは {$smarty.ldelim} を使用して現在のデリミタを表示することができます。

単純に Smarty の $left_delimiter および $right_delimiter を変更するだけでも便利になることが多々あります。

例 3-8. デリミタを変更する例

<?php

$smarty
->left_delimiter '<!--{';
$smarty->right_delimiter '}-->';

$smarty->assign('foo''bar');
$smarty->assign('name''Albert');
$smarty->display('example.tpl');

?>

テンプレートはこのようになります。

Welcome <!--{$name}--> to Smarty
<script language="javascript">
  var foo = <!--{$foo}-->;
  function dosomething() {
    alert("foo is " + foo);
  }
  dosomething();
</script>


Pick Up Q&A

Q
ログファイルの中の空のデータ行を削除したい
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
A
ログのデータ個数(列数)が固定で、空のログが"<><><>"だと既知であれば if ($line === "<><><>") { continue; } で読み飛ばしてもいいのでは? ...

>>続きを読む

まずは配列や文字列の扱いから、じっくり勉強して行きましょう。

▲解説者:岡本(アシアル株式会社 教育コーディネーター兼 システムエンジニア)

Q&A掲示板 新着情報