{foreach},{foreachelse} - PHPプロ!マニュアル

Smartyマニュアル

- {foreach},{foreachelse}

{foreach},{foreachelse}

{foreach} を使用して、通常の数値添字配列と同じように 連想配列 をループします。 {section} のように、数値添字の配列のみ をループさせるということはありません。 {foreach} の構文は {section} よりずっと簡単ですが、その代わりに 1つの配列 しか扱えません。すべての {foreach} タグは、 終了タグ {/foreach} とペアである必要があります。

属性名 必須 デフォルト 概要
from array Yes n/a ループに使用する配列
item string Yes n/a 現在の要素を示す変数の名前
key string No n/a 現在のキーを示す変数の名前
name string No n/a foreach プロパティにアクセスするための foreach ループ名
  • 必須の属性は fromitem です。

  • {foreach} ループの name は、英数字とアンダースコアを使用して自由に命名できます。これは PHP の変数 と同じです。

  • {foreach} ループはネスト可能で、ネストした {foreach} の name はお互いにユニークである必要があります。

  • from 属性は、通常は値の配列で、 {foreach} のループ回数を決定するために使われます。

  • {foreachelse} は、 from 変数の値が存在しない場合に実行されます。

  • {foreach} ループは、プロパティを操作する変数を自身で持っています。 これらは次のように表されます。 {$smarty.foreach.name.property} ここで、"name"name 属性の値となります。

    注意: name 属性が必要となるのは {foreach } のプロパティにアクセスする必要がある場合のみです。 これは {section} の場合とは異なります。{foreach} のプロパティに対して 定義されていない name でアクセスしてもエラーは発生しませんが、 結果は予測できない値になります。

  • {foreach} のプロパティには index iterationfirstlastshowtotal があります。

例 7-5. item 属性

<?php
$arr 
= array(100010011002);
$smarty->assign('myArray'$arr);
?>

$myArray を順序なしリストで出力するテンプレート

<ul>
{foreach from=$myArray item=foo}
    <li>{$foo}</li>
{/foreach}
</ul>

出力

<ul>
    <li>1000</li>
    <li>1001</li>
    <li>1002</li>
</ul>

例 7-6. item および key 属性の説明

<?php
$arr 
= array(=> 'Tennis'=> 'Swimming'=> 'Coding');
$smarty->assign('myArray'$arr);
?>

$myArray を キー/値 のペアで出力するテンプレート。 PHP の foreach と似ています。

<ul>
{foreach from=$myArray key=k item=v}
   <li>{$k}: {$v}</li>
{/foreach}
</ul>

出力

<ul>
    <li>9: Tennis</li>
    <li>3: Swimming</li>
    <li>8: Coding</li>
</ul>

例 7-7. {foreach} で連想配列の item 属性を指定する例

<?php
$items_list 
= array(23 => array('no' => 2456'label' => 'Salad'),
                    
96 => array('no' => 4889'label' => 'Cream')
                    );
$smarty->assign('items'$items_list);
?>

$items$myId を url に出力するテンプレート

<ul>
{foreach from=$items key=myId item=i}
  <li><a href="item.php?id={$myId}">{$i.no}: {$i.label}</li>
{/foreach}
</ul>

出力

<ul>
  <li><a href="item.php?id=23">2456: Salad</li>
  <li><a href="item.php?id=96">4889: Cream</li>
</ul>

例 7-8. {foreach} で itemkey をネストする例

配列を Smarty に割り当てます。key にはループする値のキーが含まれます。

<?php
 $smarty
->assign('contacts', array(
                             array(
'phone' => '1',
                                   
'fax' => '2',
                                   
'cell' => '3'),
                             array(
'phone' => '555-4444',
                                   
'fax' => '555-3333',
                                   
'cell' => '760-1234')
                             ));
?>

$contact を出力するテンプレート

{foreach name=outer item=contact from=$contacts}
  <hr />
  {foreach key=key item=item from=$contact}
    {$key}: {$item}<br />
  {/foreach}
{/foreach}

出力

<hr />
  phone: 1<br />
  fax: 2<br />
  cell: 3<br />
<hr />
  phone: 555-4444<br />
  fax: 555-3333<br />
  cell: 760-1234<br />

例 7-9. データベースを使用する {foreachelse} の例

データベース (PEAR や ADODB など) を検索する例で、クエリの結果を Smarty に割り当てます。

<?php
  $search_condition 
"where name like '$foo%' ";
  
$sql 'select contact_id, name, nick from contacts '.$search_condition.' order by name';
  
$smarty->assign('results'$db->getAssoc($sql) );
?>

結果がない場合に、{foreachelse} を使用して "見つかりません" と表示するテンプレート

{foreach key=cid item=con from=$results}
    <a href="contact.php?contact_id={$cid}">{$con.name} - {$con.nick}</a><br />
{foreachelse}
    検索結果が見つかりませんでした
{/foreach}

.index

index には、現在の配列のインデックスをゼロから数えた値が含まれます。

例 7-10. index の例

{* ヘッダブロックを5行おきに出力します *}
<table>
{foreach from=$items key=myId item=i name=foo}
  {if $smarty.foreach.foo.index % 5 == 0}
     <tr><th>タイトル</th></tr>
  {/if}
  <tr><td>{$i.label}</td></tr>
{/foreach}
</table>

.iteration

iteration は現在のループが反復された回数を表示します。 index とは異なり、常に 1 から始まります。 各ループごとに 1 ずつ加算されます。

例 7-11. iteration および index の例

{* この出力は 0|1, 1|2, 2|3, ... のようになります *}
{foreach from=$myArray item=i name=foo}
{$smarty.foreach.foo.index}|{$smarty.foreach.foo.iteration},
{/foreach}

.first

first は、現在の {foreach} の反復が最初のものであるときに TRUE となります。

例 7-12. first プロパティの例

{* 最初の項目には「最新」、それ以外は id を表示します *}
<table>
{foreach from=$items key=myId item=i name=foo}
<tr>
  <td>{if $smarty.foreach.foo.first}最新{else}{$myId}{/if}</td>
  <td>{$i.label}</td>
</tr>
{/foreach}
</table>

.last

last は、現在の {foreach} の反復が最後のものであるときに TRUE となります。

例 7-13. last プロパティの例

{* 一覧の最後に横罫線を追加します *}
{foreach from=$items key=part_id item=prod name=products}
  <a href="#{$part_id}">{$prod}</a>{if $smarty.foreach.products.last}<hr>{else},{/if}
{foreachelse}
  ... コンテンツ ...
{/foreach}

.show

show{foreach} のパラメータとして使用します。 show は boolean 値です。 FALSE の場合は {foreach} は表示されず、 もし {foreachelse} が存在すれば、それが代わりに表示されます。

.total

total には、 {foreach} がループするトータル回数が含まれます。 これは、{foreach} の内部だけではなく ループを抜けた後でも使用できます。

例 7-14. total プロパティの例

{* 返された行の総数を最後に表示します *}
{foreach from=$items key=part_id item=prod name=foo}
{$prod.name><hr/>
{if $smarty.foreach.foo.last}
  <div id="total">{$smarty.foreach.foo.total} items</div>
{/if}
{foreachelse}
 ... 別の内容 ...
{/foreach}

{section} および $smarty.foreach も参照してください。



Pick Up Q&A

Q
ログファイルの中の空のデータ行を削除したい
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
A
ログのデータ個数(列数)が固定で、空のログが"<><><>"だと既知であれば if ($line === "<><><>") { continue; } で読み飛ばしてもいいのでは? ...

>>続きを読む

まずは配列や文字列の扱いから、じっくり勉強して行きましょう。

▲解説者:岡本(アシアル株式会社 教育コーディネーター兼 システムエンジニア)