{html_image} - PHPプロ!マニュアル

Smartyマニュアル

- {html_image}

{html_image}

{html_image} は、HTML の <img> タグを作成する カスタム関数 です。 height 属性と width 属性を省略した場合は、画像ファイルから自動的に算出します。

属性名 必須 デフォルト 概要
file string Yes n/a 画像のパス・ファイル名
height string No 実際の画像の高さ 画像を表示する高さ
width string No 実際の画像の幅 画像を表示する幅
basedir string no web サーバのドキュメントルート 相対パスの基準となるディレクトリ
alt string no "" 画像の代替テキスト
href string no n/a 画像にリンクする href の値
path_prefix string no n/a 出力パスのプレフィックス
  • basedir 属性は、画像の相対パスの基準となるベースディレクトリです。 指定しなかった場合は、web サーバのドキュメントルートである $_ENV['DOCUMENT_ROOT'] を使用します。 $security が有効な場合は、画像のパスは セキュアディレクトリ 内になければなりません。

  • href は画像にリンクされた href の値です。 これを指定すると、image タグの周りに <a href="LINKVALUE"><a> タグを配置します。

  • path_prefix には、任意で 出力パスを指定できます。これは、画像を違うサーバに配置したい場合に有効です。

  • 前述の属性リストにないパラメータが与えられた場合は、作成された各 <img> タグの内側に 名前/値 のペアで表されます。

テクニカルノート: {html_image} は、画像を読み込んで幅と高さを取得するため、 ディスクへのアクセスが必要です。テンプレートの キャッシュ を使用しない場合は、{html_image} ではなく静的に image タグを使用するほうがパフォーマンス的にお勧めです。

例 8-11. {html_image} の例

{html_image file='pumpkin.jpg'}
{html_image file='/path/from/docroot/pumpkin.jpg'}
{html_image file='../path/relative/to/currdir/pumpkin.jpg'}

上のテンプレートの出力

<img src="pumpkin.jpg" alt="" width="44" height="68" />
<img src="/path/from/docroot/pumpkin.jpg" alt="" width="44" height="68" />
<img src="../path/relative/to/currdir/pumpkin.jpg" alt="" width="44" height="68" />

閲覧履歴



Pick Up Q&A

Q
ログファイルの中の空のデータ行を削除したい
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
A
ログのデータ個数(列数)が固定で、空のログが"<><><>"だと既知であれば if ($line === "<><><>") { continue; } で読み飛ばしてもいいのでは? ...

>>続きを読む

まずは配列や文字列の扱いから、じっくり勉強して行きましょう。

▲解説者:岡本(アシアル株式会社 教育コーディネーター兼 システムエンジニア)