{html_options} - PHPプロ!マニュアル

Smartyマニュアル

- {html_options}

{html_options}

{html_options} は、HTML の <select><option> グループにデータを代入して作成する カスタム関数 です。 デフォルトで選択されるアイテムも決定できます。

属性名 必須 デフォルト 概要
values array Yes (options属性を用いない場合) n/a ドロップダウンリストのvalue属性の配列
output array Yes (options属性を用いない場合) n/a ドロップダウンリストの出力内容の配列
selected string/array No empty あらかじめ選択されているオプション要素
options associative array Yes (valuesとoutput属性を用いない場合) n/a キーがvalues属性、要素がoutput属性の連想配列
name string No empty selectグループの名前
  • options を使用しない場合は、 values および output が必須となります。

  • 任意である name 属性が与えられると、 <select></select> タグが作成されます。 それ以外の場合は <option> のリストのみを作成します。

  • 配列が渡された場合は HTML の <optgroup> として扱われ、グループが表示されます。 <optgroup> での再帰呼出もサポートしています。

  • 前述の属性リストに無いパラメータが与えられた場合は、 作成された各 <select> タグの内側に 名前/値 のペアで表されます。任意の name 属性が与えられない場合には、これらは無視されます。

  • すべての出力は XHTML に準拠しています。

例 8-12. options 属性での連想配列

<?php
$smarty
->assign('myOptions', array(
                                
1800 => 'Joe Schmoe',
                                
9904 => 'Jack Smith',
                                
2003 => 'Charlie Brown')
                                );
$smarty->assign('mySelect'9904);
?>

以下のテンプレートはドロップダウンリストを作成します。 name 属性が存在することで <select> タグが作成されることに注意しましょう。

{html_options name=foo options=$myOptions selected=$mySelect}

上の例の出力

<select name="foo">
<option label="Joe Schmoe" value="1800">Joe Schmoe</option>
<option label="Jack Smith" value="9904" selected="selected">Jack Smith</option>
<option label="Charlie Brown" value="2003">Charlie Brown</option>
</select>

例 8-13. valuesouptut を個別の配列で指定したドロップダウン

<?php
$smarty
->assign('cust_ids', array(56,92,13));
$smarty->assign('cust_names', array(
                              
'Joe Schmoe',
                              
'Jane Johnson',
                              
'Charlie Brown'));
$smarty->assign('customer_id'92);
?>

上の配列を次のテンプレートで出力します (PHP の count() 関数を修飾子として使用することで、 select の大きさを設定していることに注意しましょう)。

<select name="customer_id" size="{$cust_names|@count}">
   {html_options values=$cust_ids output=$cust_names selected=$customer_id}
</select>

上の例の出力

<select name="customer_id">
    <option label="Joe Schmoe" value="56">Joe Schmoe</option>
    <option label="Jack Smith" value="92" selected="selected">Jane Johnson</option>
    <option label="Charlie Brown" value="13">Charlie Brown</option>
</select>

例 8-14. データベース (ADODB あるいは PEAR) の例

<?php

$sql 
'select type_id, types from contact_types order by type';
$smarty->assign('contact_types',$db->getAssoc($sql));

$sql 'select contact_id, name, email, contact_type_id
        from contacts where contact_id='
.$contact_id;
$smarty->assign('contact',$db->getRow($sql));

?>

テンプレートは次のようになります。 truncate 修飾子の使用法に注意しましょう。

<select name="type_id">
    <option value='null'>-- none --</option>
    {html_options options=$contact_types|truncate:20 selected=$contact.type_id}
</select>

例 8-15. <optgroup> を使用したドロップダウン

<?php
$arr
['Sport'] = array(=> 'Golf'=> 'Cricket',=> 'Swim');
$arr['Rest']  = array(=> 'Sauna',=> 'Massage');
$smarty->assign('lookups'$arr);
$smarty->assign('fav'7);
?>

テンプレート

{html_options name=foo options=$lookups selected=$fav}

出力

<select name="foo">
<optgroup label="Sport">
<option label="Golf" value="6">Golf</option>
<option label="Cricket" value="9">Cricket</option>
<option label="Swim" value="7" selected="selected">Swim</option>
</optgroup>
<optgroup label="Rest">
<option label="Sauna" value="3">Sauna</option>
<option label="Massage" value="1">Massage</option>
</optgroup>
</select>

{html_checkboxes} および {html_radios} も参照してください。

閲覧履歴



Pick Up Q&A

Q
ログファイルの中の空のデータ行を削除したい
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
A
ログのデータ個数(列数)が固定で、空のログが"<><><>"だと既知であれば if ($line === "<><><>") { continue; } で読み飛ばしてもいいのでは? ...

>>続きを読む

まずは配列や文字列の扱いから、じっくり勉強して行きましょう。

▲解説者:岡本(アシアル株式会社 教育コーディネーター兼 システムエンジニア)