{popup} - PHPプロ!マニュアル

Smartyマニュアル

- {popup}

{popup}

{popup} を使用して、Javascript のポップアップウィンドウを作成します。 {popup_init} は、この動作の最初に呼び出される必要があります。

属性名 必須 デフォルト 概要
text string Yes n/a ポップアップウィンドウ中に表示するtext/html
trigger string No onMouseOver ポップアップウィンドウを起動するトリガー(onMouseOver又はonClick)
sticky boolean No FALSE 閉じられるまでポップアップを待機させる
caption string No n/a タイトルにセットする見出し
fgcolor string No n/a ポップアップボックスの内部の色
bgcolor string No n/a ポップアップボックスの枠線の色
textcolor string No n/a ポップアップボックス内部のテキストの色
capcolor string No n/a ポップアップボックスの見出しのテキストの色
closecolor string No n/a closeテキストの色
textfont string No n/a メインテキストで使用されるフォントの種類
captionfont string No n/a 見出しで使用されるフォント
closefont string No n/a "Close" テキストのフォント
textsize string No n/a メインテキストのフォントサイズ
captionsize string No n/a 見出しテキストのフォントサイズ
closesize string No n/a "Close" テキストのフォントサイズ
width integer No n/a ボックスの幅
height integer No n/a ボックスの高さ
left boolean No FALSE ポップアップをマウスの左側に表示
right boolean No FALSE ポップアップをマウスの右側に表示
center boolean No FALSE ポップアップをマウスの中央に表示
above boolean No FALSE ポップアップをマウスの上側に表示 (注: heightがセットされている場合のみ有効)
below boolean No FALSE ポップアップをマウスの下側に表示
border integer No n/a ポップアップの枠線の幅
offsetx integer No n/a ポインタから水平にどれくらい離れた位置にポップアップを表示するか
offsety integer No n/a ポインタから垂直にどれくらい離れた位置にポップアップを表示するか
fgbackground url to image No n/a ポップアップの内部に色の代わりに表示する画像
bgbackground url to image No n/a ポップアップの境界に色の代わりに表示する画像。 (注:bgcolor や colorを "" にしたほうがよい) (注:Closeリンクを使用する場合、Netscape ではテーブルのセルが再描写されて誤った表示になることがあります)
closetext string No n/a "Close" テキストの代替として使用する文字列
noclose boolean No n/a sticky属性がtrueに設定されているポップアップの見出しに "Close" テキストを表示しない
status string No n/a ブラウザのステータスバーに表示する文字列
autostatus boolean No n/a ポップアップのテキストをステータスバーのテキストとして設定する (注: statusの設定をオーバーライドします)
autostatuscap string No n/a ポップアップの見出しテキストをステータスバーのテキストとして設定する (注: statusとautostatusの設定をオーバーライドします)
inarray integer No n/a overlib.js 内にある ol_array 配列中の指定したインデックスから、 text を読み込む (このパラメータはtextの代わりに使用されます)
caparray integer No n/a overlib.js 内にある ol_caps 配列中の指定したインデックスから、 caption を読み込む
capicon url No n/a ポップアップの見出しの前に画像を表示する
snapx integer No n/a ポップアップを水平グリッドにスナップする
snapy integer No n/a ポップアップを垂直グリッドにスナップする
fixx integer No n/a ポップアップの水平の位置を固定する (注: 他の全ての水平の位置に関する属性はオーバーライドされます)
fixy integer No n/a ポップアップの垂直の位置を固定する (注: 他の全ての垂直の位置に関する属性はオーバーライドされます)
background url No n/a テーブルボックスの背景の代わりに画像をセットする
padx integer,integer No n/a 水平のホワイトスペースによって背景画像の表示領域を大きくする (注: 2つのパラメータが必要)
pady integer,integer No n/a 垂直のホワイトスペースによって背景画像の表示領域を大きくする (注: 2つのパラメータが必要)
fullhtml boolean No n/a 背景画像上でHTMLを完全にコントロールする (HTML コードは "text" 属性に記述する)
frame string No n/a 異なるフレームにおけるポップアップを操作する (詳細はoverlibのサイトを参照)
function string No n/a 指定した Javascript 関数を呼び出し、 その返り値をポップアップウィンドウに表示する
delay integer No n/a ポップアップをツールチップ風に表示する。 設定した遅延 (ミリ秒) の後にポップアップします。
hauto boolean No n/a ポップアップがマウスの左側か右側のどちらに位置するべきかを自動的に決定する
vauto boolean No n/a ポップアップがマウスの上側か下側のどちらに位置するべきかを自動的に決定する

例 8-25. {popup}

{* popup_initはページの先頭で一度だけ呼び出す必要があります *}
{popup_init src='/javascripts/overlib.js'}

{* マウスが重なった時にポップアップによる説明が表示されるリンクを作成します *}
<a href="mypage.html" {popup text='This link takes you to my page!'}>mypage</a>

{* popupのtextにhtmlやlinksを用いる事ができます *}
<a href="mypage.html" {popup sticky=true caption='mypage contents'
text="<ul><li>links</li><li>pages</li><li>images</li></ul>"
snapx=10 snapy=10 trigger='onClick'}>mypage</a>

{* テーブルのセルの上でポップアップします *}
<tr><td {popup caption='Part details' text=$part_long_description}>{$part_number}</td></tr>

{capture} のページにもよい例があります。

{popup_init} および overLib のホームページも参照してください。

閲覧履歴



Pick Up Q&A

Q
ログファイルの中の空のデータ行を削除したい
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
A
ログのデータ個数(列数)が固定で、空のログが"<><><>"だと既知であれば if ($line === "<><><>") { continue; } で読み飛ばしてもいいのでは? ...

>>続きを読む

まずは配列や文字列の扱いから、じっくり勉強して行きましょう。

▲解説者:岡本(アシアル株式会社 教育コーディネーター兼 システムエンジニア)

Q&A掲示板 新着情報