プラグインの記述 (プラグインによる Smarty の拡張) - PHPプロ!マニュアル

Smartyマニュアル

プラグインによる Smarty の拡張 - プラグインの記述

プラグインの記述

プラグインは Smarty によってファイルシステムから自動的に読み込まれるか、 register_* API 関数のうちの1つを経由して動的に登録する事ができます。 また、それらは unregister_* API 関数を使う事によって未登録にする事ができます。

動的に登録されるプラグインについてはプラグイン関数の命名規約に従う必要はありません。

Smarty にバンドルされたいくらかのプラグインに関する場合と同様に、 プラグインが別のプラグインによって提供される機能に依存する場合は次の方法で必要とされるプラグインを読み込みます。

<?php
require_once $smarty->_get_plugin_filepath('function''html_options');
?>

基本的に、Smarty のオブジェクトは常に最後のパラメータとしてプラグインに渡されます。 ただし、例外が2つあります。

  • 変数の修飾子は Smarty オブジェクトを渡しません。

  • ブロックの場合は Smarty オブジェクトの後に $repeat が渡されます。これは、以前のバージョンの Smarty との後方互換性を保つためのものです。



Pick Up Q&A

Q
ログファイルの中の空のデータ行を削除したい
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
A
ログのデータ個数(列数)が固定で、空のログが"<><><>"だと既知であれば if ($line === "<><><>") { continue; } で読み飛ばしてもいいのでは? ...

>>続きを読む

まずは配列や文字列の扱いから、じっくり勉強して行きましょう。

▲解説者:岡本(アシアル株式会社 教育コーディネーター兼 システムエンジニア)

Q&A掲示板 新着情報