$security_settings (Smarty クラス変数) - PHPプロ!マニュアル

Smartyマニュアル

Smarty クラス変数 - $security_settings

$security_settings

$security が有効な場合に、これらを使用してセキュリティ設定の指定やオーバーライドを行います。 以下のような設定があります。

  • PHP_HANDLING - boolean。TRUE の場合は、セキュリティのための $php_handling のチェックを行いません。

  • IF_FUNCS - 配列。 {if} ステートメントで使用できる PHP 関数の名前を指定します。

  • INCLUDE_ANY - boolean。TRUE の場合は $secure_dir のリストの内容にかかわらず、ファイルシステムからテンプレートを インクルード できます。

  • PHP_TAGS - boolean。TRUE の場合は、 テンプレート内で {php}{/php} タグが使用できるようになります。

  • MODIFIER_FUNCS - 配列。 変数の修飾子として使用できる PHP 関数の名前を指定します。

  • ALLOW_CONSTANTS - boolean。TRUE の場合は、テンプレート内で {$smarty.const.FOO} のようにして定数を使用することができます。

閲覧履歴



Pick Up Q&A

Q
ログファイルの中の空のデータ行を削除したい
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
A
ログのデータ個数(列数)が固定で、空のログが"<><><>"だと既知であれば if ($line === "<><><>") { continue; } で読み飛ばしてもいいのでは? ...

>>続きを読む

まずは配列や文字列の扱いから、じっくり勉強して行きましょう。

▲解説者:岡本(アシアル株式会社 教育コーディネーター兼 システムエンジニア)