PHPプロ!TIPS+

PHPでExifを操作する

デジタルカメラで撮影した写真から撮影情報を取得したい場合、みなさんはどのようにして行いますか。PHPのExif拡張モジュールを用いてExif関数を使用するというのが一般的かもしれませんが、今回はPHPのみで実装されたExif情報を操作するライブラリ「PEL」を紹介します。

PELはExif情報を操作するライブラリでPHPのみで実装されていて、PHP5の環境で使用することができます。また、Exif情報の読み込みはもちろんのこと追加変更をすることも可能です。

では早速使ってみることにしましょう。このライブラリは以下のURLからダウンロードすることができます。
http://pel.sourceforge.net/

デジタルカメラで撮影した写真を用意し、下記スクリプトのファイル名部分を変更して実行してください。

<?php
require_once('pel-0.9.1/PelJpeg.php');

$file "ファイル名";
$jpeg = new PelJpeg($file);
$app1 $jpeg->getExif();

if (
$app1) {
  
$tiff $app1->getTiff();
  
$ifd0 $tiff->getIfd();

  if (
$ifd0) {
    
$exif $ifd0->getSubIfd(PelIfd::EXIF);
    
$data['exif_version']       =
$exif->getEntry(PelTag::EXIF_VERSION)->getText(); // Exifバージョン
    
$data['pixel_x']            =
$exif->getEntry(PelTag::PIXEL_X_DIMENSION)->getValue(); // 幅
    
$data['pixel_x']            =
$exif->getEntry(PelTag::PIXEL_X_DIMENSION)->getValue(); // 幅
    
$data['pixel_y']            =
$exif->getEntry(PelTag::PIXEL_Y_DIMENSION)->getValue(); // 高
    
$data['date_time_original'] =
$exif->getEntry(PelTag::DATE_TIME_ORIGINAL)->getText(); // オリジナルの作成日時
    
$data['make']               =
$ifd0->getEntry(PelTag::MAKE)->getText(); // メーカー
    
$data['model']              =
$ifd0->getEntry(PelTag::MODEL)->getText(); // モデル
    
$data['fnumber']            =
$exif->getEntry(PelTag::FNUMBER)->getValue(); // 絞り値
    
$data['exposure_time']      =
$exif->getEntry(PelTag::EXPOSURE_TIME)->getValue(); // 露出時間
    
$data['iso_speed_ratings']  =
$exif->getEntry(PelTag::ISO_SPEED_RATINGS)->getValue(); // ISO速度
    
$data['exposure_bias']      =
$exif->getEntry(PelTag::EXPOSURE_BIAS_VALUE)->getValue(); // 露出補正
    
$data['focal_length']       =
$exif->getEntry(PelTag::FOCAL_LENGTH)->getValue(); // 焦点距離
  
}

  
var_dump($data);

}

その写真ファイルにExif情報が埋め込まれている場合、そのバージョンや撮影日時、カメラのメーカーや機種、絞り値、焦点距離等々が表示されると思います。

また、先の紹介でもふれましたがこのライブラリはExif情報を追加変更することも可能です。

<?php
require_once('pel-0.9.1/PelJpeg.php');

$filename "DSC_3297.JPG";
$jpeg = new PelJpeg($filename);
$app1 $jpeg->getExif();

if (
$app1) {
  
$tiff $app1->getTiff();
  
$ifd0 $tiff->getIfd();

  if (
$ifd0) {
    
$exif $ifd0->getSubIfd(PelIfd::EXIF);
    
$text "コメントです";
    
$entry $exif->getEntry(PelTag::USER_COMMENT);
    if (!
$entry) {
      
$entry = new PelEntryUserComment(mb_convert_encoding($text"JIS",
"auto"), "JIS");
      
$exif->addEntry($entry);
    } else {
      
$entry->setValue(mb_convert_encoding($text"JIS""auto"), "JIS");
    }
    
file_put_contents($filename$jpeg->getBytes());
  }
}

上記サンプルスクリプトでは「UserComment」タグを追加しコメントを追加しています。写真ファイルに変更したいExifタグが存在しない場合はaddEntryメソッドで追加し、すでに存在している場合はsetValueメソッドで値を変更しています。

Exif情報の表示と追加変更を簡単に紹介しました。サポートしているExifタグ等はPELのサイトを参照してください。PHPに用意されているExif関数より高機能なPEL、興味のある方は使ってみてはいかがでしょうか。

バックナンバーについて

TIPS-MLは、毎週金曜日に更新され、新しい記事が掲載されます。

Tipsꗗy[W 

Pick Up Q&A

Q
ログファイルの中の空のデータ行を削除したい
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
A
ログのデータ個数(列数)が固定で、空のログが"<><><>"だと既知であれば if ($line === "<><><>") { continue; } で読み飛ばしてもいいのでは? ...

>>続きを読む

まずは配列や文字列の扱いから、じっくり勉強して行きましょう。

▲解説者:岡本(アシアル株式会社 教育コーディネーター兼 システムエンジニア)