PHPプロ!PHP講座新着順

PHP講座

Lecutures on PHP

rss

PHP講座一覧

  • TOM先生のテスト講座
     このエントリーをはてなブックマークに追加

    なんだか面倒だと思いながら実施しているテスト。そんなネガティブなイメージのテストをもう一度なぜ必要なの?という視点で見つめなおしてみませんか。この講座では、テストをなぜ?だれが?なんのために?という分類をしながらその重要性を学んでいきます。

TOM先生のテスト講座の一覧

  • テストの重要性
  • 第1回 "テスト"ってどんなイメージ?  
     このエントリーをはてなブックマークに追加
    2008-06-03

    この講座では「なぜテストをするの?」ということを解説していきます。 今回は皆さんが普段"テスト"という言葉に対してどのようなイメージを持っているかを確認してみましょう。

  • 第2回 テストの目的と種類  
     このエントリーをはてなブックマークに追加
    2008-06-17

    前回テストに対するイメージを再確認しましたが、今回はもう少しテストそのものを掘り下げていきます。 "なぜ"・"誰のために"行うのかという視点でテストを見ていきましょう。

  • 第3回 結合テストをする理由  
     このエントリーをはてなブックマークに追加
    2008-07-01

    前回"テスト"の目的と種類を説明しましたが、今回と次回はその中で"結合テスト"にフォーカスして説明していきます。 Webアプリケーションの結合テストがなぜ難しいのかを再確認してみましょう。

  • 第4回 Seleniumの実行環境を作ってみよう  
     このエントリーをはてなブックマークに追加
    2008-07-15

    前回Webアプリケーションの結合テストで威力を発揮するSeleniumの紹介をしましたが、今回と次回の2回に分けてSeleniumの解説を行います。今回はその入手方法や基本的な使い方を解説します。

  • 第5回 Seleniumでのテストの記述方法  
     このエントリーをはてなブックマークに追加
    2008-07-29

    前回Seleniumのインストールおよび基本的な使い方の解説を行いましたが、今回はSeleniumのテストで使用するHTMLテーブルの記述方法を解説します。Seleniumの使い方をマスターして結合テストを行えるようにしましょう。

  • 第6回 UnitTestをする理由  
     このエントリーをはてなブックマークに追加
    2008-08-12

    前回までで「会社のため」「チームのため」に行う結合テストについて見てきました。今回から「自分のため」に行うUnitTestについて解説します。今回はなぜUnitTestをするのかを確認しましょう。

  • 第7回 DocTestを使ってUnitTestをやってみよう  
     このエントリーをはてなブックマークに追加
    2008-08-26

    前回UnitTestをなぜ行うのか、どういうツールを使うのかということを解説しました。 今回はわれわれMaple Projectが開発しているDocTestを使ってUnitTestを行う手順を解説します。

  • 第8回 UnitTestをする理由(再び)  
     このエントリーをはてなブックマークに追加
    2008-09-09

    8回に渡ってテストについて解説してきたこの講座も今回が最終回です。 前回DocTestを使ったUnitTestの手順を紹介しましたが、さらにUnitTestを行う理由を解説したいと思います。

  • TOM先生

本名:小林智樹

ソリッド・ブルー株式会社 代表取締役CTO http://solidblue.jp/
Mapleプロジェクト コミッター http://kunit.jp/maple/

SI企業にて、運用保守担当として大手企業や各省庁の大規模システムを支える。
その後、起業・独立し、現在はソリッド・ブルー株式会社のCTOとして、PHPを中心とした技術戦略の立案などを行っている。また、PHPフレームワークMapleプロジェクトの一員として、RESTfulやTDDについて普及活動を展開している。



Pick Up Q&A

Q
ログファイルの中の空のデータ行を削除したい
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
A
ログのデータ個数(列数)が固定で、空のログが"<><><>"だと既知であれば if ($line === "<><><>") { continue; } で読み飛ばしてもいいのでは? ...

>>続きを読む

まずは配列や文字列の扱いから、じっくり勉強して行きましょう。

▲解説者:岡本(アシアル株式会社 教育コーディネーター兼 システムエンジニア)